支出を抑える(投資用資金を貯める)

money6

固定費毎月▲1万円以上、変動費▲150万円

新卒時代から毎年100万円以上資金増やしていきました。

僕の支出について参考になる点があれば幸いです。

固定費

〇格安スマホ+Wi-Fi(毎月▲5000円)

 →キャリアのiPhoneから楽天モバイルに変更

〇日経新聞の解約(毎月▲5000円)

 →楽天証券の日経テレコンからタダで日経新聞が購読できるため、解約

〇車は持たない

 →公共交通機関が整備されている土地に住んでいるため、そもそも不要。夫婦ともに車には興味ない為、手段として不要ならば買わない。維持費や買い替えもバカにならない

生活費

〇夫婦でふるさと納税上限まで実施

 →米や肉、冷凍食品などを定期的に仕入れ、食費を抑える

〇昼食は弁当、飲み物はペットボトル

 →弁当は、昨日の夕飯の残りを詰めたもの。料理は毎日せず、スーパーの割引総菜を夕食とし、そのまま翌日の弁当にすることも。共働きのため料理する時間を考えれば、割引総菜のコスパは非常に高い。

 飲み物は、水やお茶を楽天市場でケース買いしたものを持参。ケース買いすれば実質1本50円程度ですむため、会社で自販機を利用するより安い。水筒持参だと、毎日入れ替える手間、洗う手間が発生するため、ペットボトルが合理的。

〇デートの外食はランチ中心

 →ディナーだと料理が割高。ランチだと、その店のいいとこどりの料理が安く食べられる。チャージもかからない。おいしい料理は気分転換に最適。ランチならコスパも最強。

 ディナーしかやっていない店ならディナーも行くが、①つき出しは断れるか聞く②ドリンクはお冷(たまにお酒1杯程度)で通す。食べたいものだけ頼んで食事を終えるので、お店に気を使って頼んだりすることはしない。

その他大きな出費

大きな出費こそ、抑える効果が大きいものです。ただ、質だけは落としたくない。ならばどうやって安く抑えるか、ちょっと考えたり調べたりするだけで費用対効果が大きいです。

 

〇結婚式(▲100万円)

 ①会場を複数下見して見積もりをもらい、心の中で会場を決めておく

 ②式の希望日の半年前に式場に出向き、予約する

これだけで、見積もりより100万円安くすませられました。希望日に絶対的なこだわりがないならば、ぜひおすすめです。

結果的に、僕は希望日から前後1週間程度ずらしただけで100万円安く抑えられました。一般的に1年前から予約する人が多いおかげで、半年前になると会場費が格安になります。そこが狙い目です。

 

〇新婚旅行(▲50万円)

 僕たちはGWに絡めてカリブ海2週間クルーズに行きました。南米中心に、7カ国くらいまわるものです。

 費用はすべて入れて2人で100万円くらいです。

 ・カリブ海クルーズ:約20万円(一人約10万円)

 ・往復航空券:約70万円(一人約35万円)

 ・その他、クルーズオプションやお土産等:約10万円

 せっかくなら行きたいところに行きたい!でもお金は抑えたい。行きついた先がクルーズでした。

  • 寝て起きたら次の国なので移動不要。興味のない国は下りずに船内のプールやバーでくつろいだりして自由に過ごすことが可能
  • 食事も宿もすべて込み(チップやオプション、アルコールは別途料金)
  • 船内にアトラクション多数(プール、バー、ショー、カジノ等)あり、毎日イベントあり
  • (行先にもよると思うが)日本人少ないので非日常感が味わえる(代わりにある程度の英語は理解できる必要あり)。また、客層も富裕層らしき人が多く、イヤな雰囲気の人がいない

クルーズも、日本の旅行会社経由で予約すると一人30~40万円以上しますが、僕たちは以下のサイトから予約し、2人で約20万円で2週間、宿代・食事代・移動代込みでいけました。この値段でこの利便性なら行っても良いと思いませんか?

※担当者への問い合わせは英語です。僕たちはMSCクルーズを利用しました。

 

その他、思いついた点があれば随時追記します!