共働きを守りたい。(本サイトのねらい)

テーマ

共働きを邪魔するものは敵

僕はお金が好きです。

「お金は手段」

そんなことはわかっていても、積みあがっていくものを見るのが気持ちいいです。

僕は30代前半ですが、妻とあわせた世帯資産が2650万円になりました。(2019年12月時点)

今後株の配当金で最低限の支出を賄い、ストレスフリーの生活に近づける様に努力していますが、いままでやったこと、これからやることを、記録と戒めのためにここに書いていきます。

参考になる点があれば、ぜひ実践して頂ければと思います。

 

結論から言うと、資産の積み上げに一番寄与したのは、転勤なしの仕事に転職し、共働きを維持したことです。

 

共働きは良いです。片働きより、お金についての不安が激減します。

それだけで、日々の生活のストレスが大幅に軽減されます。

 

家事についてもそうです。

私と妻は、家事分担を決めておらず、相手に家事を期待することもないため、ムダにストレスをためません。料理も気が向いたときしかやりませんし、掃除もたまにしかしません。家事は生活の手段、と割り切っているので、最低限しか時間を使いません。代わりに、デートや趣味など、楽しいことに多くの時間を割くようにしているため、日々が充実しています。

 

仕事も生活の手段です。生活のために、今は働かなければいけない。そうなると、一人働こうが二人働こうが、二人が一緒に過ごせる時間に大きな差はありません。ならば、二人で働いて、お金に余裕があった方が、日々のストレスをお金で解消できます。この方が合理的だと思ってます。

共働きは良いです。

共働きを守るために、それを邪魔するものは徹底的に敵視しています。

「本当は働きたくない。」

そう思う方も、とりあえず、今は二人で働いた方が逆にストレスがなさそう。そう思ってもらえるなら、このサイトが役に立つと思います。

共働きを守りましょう。

「共働きのススメ」の構成

では、共働きの最大の敵、「転勤」が、いかに無意味か、そして転勤をしないですむ方法を、

では、お金を使ってどうストレスを遠ざけるか(コスパの良いお金の消費)を、

 

では、実践してきた運用法(失敗含む)を、

紹介します。

 

参考になる点があれば、ぜひどんどんマネしてみてください。私もいろいろな方の実践をマネし、良い方法があればどんどん紹介していこうと思います。